抜け毛の原因を解消するシャンプーなどの外部ケア

シャンプーなどの外部ケア

その他、日常のシャンプーをサボったり、シャンプーの後のススギを充分にしなかったり、過度のダイエットなどで、体温が低下してしまったり、お酒を飲み過ぎたり、タバコを吸い過ぎたり、といった行動は間違いなく抜け毛の原因になります。刺激の少ない頭皮に負担をかけないシャンプーと女性用の育毛剤を相互に使用すると効果も出やすくなります。

 

年齢を重ねていけば、いやでも代謝活動が低下してきて、髪が薄くなってしまいます。今のうちに、きちんとした自己管理の習慣を身につけておくことが何よりも大切なことです。

 

また女性や男性でも抜け毛の原因は大きく違います。女性の場合にはダイエットがありますが、ダイエットによって栄養のバランスが崩れることで脳がストレスに感じて、女性ホルモンのバランスが崩れます。産後の際や40代に多い髪のボリュームダウンなど女性ホルモンの量やバランスが崩れることで抜け毛が多くなりがちです。

 

男性の場合には遺伝的な問題がありますが、テストステロンが5α-リダクターゼという酵素と結びついてジヒドロテストステロンになり、脱毛につながるのです。

 

ですのでケア方法はかなり違った面がありますが、自宅で普段できることは共通していることも多いです。栄養面や食事面、シャンプーなどの頭皮やヘアケアの面などは普段できることも多いので、外部ケアの代表でもあるシャンプーは刺激が少ないを使用していくようにしましょう。